粉ミルクの水比較ガイド

粉ミルク水に、軟水を使っても大丈夫?

粉ミルク水として適しているのは軟水です。
ですので、軟水を使うことが望ましいのですが、いくつかの注意点があります。軟水は軟水でも、含まれている成分に着目しましょう。
日本の源泉地で採水された水が、天然水として量販店で販売されていますが、そのほとんどが軟水です。

 

ですので粉ミルク水に利用しても問題ないと思われるかもしれませんが、中に含まれているミネラル類に着目してみましょう。

 

粉ミルク水として硬水が適していないとされる理由には、その硬度があります。硬度はミネラルの配合によって決まるもので、ミネラル成分が多く含まれていればいるほど、硬度も高くなります。
このミネラル成分が赤ちゃんにはあまりよくありません。
腎臓機能が未熟な赤ちゃんは粉ミルクに含まれているミネラル以外のミネラルを大量に摂取すると、便秘になったり長期的には腎機能に障害が起こる可能性があります。
ですので、軟水は軟水でも、配合されているミネラル成分ができるだけ少ないものを選んでください。ミネラル類が少なければ少ないほど、硬度も低くなりますので、より粉ミルク水に適した軟水であると言えます。
バナジウム、有機ゲルマニウム、天然亜鉛、ラドンなどが多量に含まれている水はできるだけ避けましょう。とはいえ、緊急時の停電や断水などによって、粉ミルク用の水を確保できないときは、ミネラルウォーターを使用しても問題ありません。ミルクを飲ませないほうが、赤ちゃんにとっては危険なのです。