粉ミルクの水比較ガイド

ウォーターダイレクトの水は、粉ミルク水に使っても大丈夫?

ウォーターダイレクトが販売している水は、クリティアです。

 

クリティアは富士山の恵みを受けた天然水で、成分としてはバナジウムを含んだ水です。このバナジウムが、赤ちゃんにはあまりよくありません。粉ミルクはもともと水道水で超乳されることを前提として製造されています。

 

しかし、最近は特に都心部で「水道水はマズイ」「カルキ臭い」「汚染されているかもしれない」とされて、水道水離れが急速に広まっています。そこで、水道水以外で粉ミルク水を使う人が増えてきました。ミルクメーカーも、粉ミルク水に適した水の販売を行っていますが、ペットボトル販売なので、割高になる傾向があります。そこでウォーターサーバーが人気になっているのですが、粉ミルク水に適しているのは、硬度60以下の軟水で、硬度は低ければ低いほど好ましいとされています。

 

そして、ミネラル成分が多量にふくまれていないこと。ですので、いわゆる「ミネラルウォーター」といわれる水は、ミルク水に適していません。残念ながら、ウォーターダイレクトの水もバナジウムが含まれていますので、適していません。バナジウムは大人が摂取する分にはまったく問題がありませんが、子供は影響を受けやすく、バナジウムが持つ特徴から、赤ちゃんは下痢を起こす可能性があるのです。

 

一時的な飲用はもちろん気にしなくても良いのですが、長期的に継続してミルクを飲ませるための水として利用することは、避けたほうがよいでしょう。