粉ミルクの水比較ガイド

コスモウォーターの水は、粉ミルク水に使っても大丈夫?

コスモウォーターで扱っているウォーターサーバーの水の種類は、3種類です。

 

バナジウムを含んでいる富士の銘水”富士の滴”と、天然亜鉛・有機ゲルマニウムを含有している日田の天然水”日田の誉”、そして京都の天然水”古都の天然水”です。

 

この3種類の中から粉ミルク水を選ぶとしたら、古都の天然水になります。粉ミルクは、国内の水道水で調乳することを前提として作られています。水道水はある程度のミネラル類を含んでいますが、多量ではありません。また、硬度も低く、軟水です。ですので、できるだけ水道水のような水が粉ミルク水には適しているといえます。富士の滴の場合は、バナジウムを含んでいますので、粉ミルク水にはあまり適していません。

 

バナジウムはミネラルの一種ですので、余計なミネラル類がふくまれていない水ということを前提に考えると、適していないと言えるでしょう。ただし、一時的な利用であればほとんど問題ないようですが、長期間にわたって継続して利用すると、赤ちゃんの体に負担がかかってしまい、何らかの症状が出る可能性がないとは言えないようです。日田の誉は、有機ゲルマニウムと天然亜鉛を含有していますので、こちらもバナジウムと同じ理由で、余計なミネラル類が含まれているという点で適していません。

 

さらに、硬度60以下の軟水が良いとされていますので、こちらは硬度62度というこで、厳密に考えると、ちょっと硬度が高いという状態です。古都の天然水は、ミネラル類があまり多量には含まれていませんし、硬度30という軟水ですので、粉ミルク水に適していると言えます。


コスモウォーターの水は、粉ミルク水に使っても大丈夫?関連ページ

アクアクララの水は、粉ミルク水に使っても大丈夫?
クリクラの水は、粉ミルク水に使っても大丈夫?