不眠解消にお酒はNG?

日本人は「寝酒」という風習があります。適量の飲酒は、精神をリラックスさせ睡眠導入の効果があります。海外にも寝る前に飲酒をする風習がありますが、アルコール度数の高い酒を少量飲む程度です。このように寝酒は睡眠導入に効果がありますが、毎日の寝酒は逆効果です。というのも、人間には「耐性」というものがあります。飲酒に関しても同様で、毎日、少量でも継続した飲酒を続けていると耐性ができてくるので、確実に「お酒に強い」体質になっていきます。そうなると、同じ量を飲んでも寝付けなくなるので飲酒の量は増えていきます。少量のアルコールは睡眠導入に効果がありますが、量が多いと逆効果!!質の悪い睡眠になってしまいます。飲酒量が多いと、寝付いても数時間で目が覚めてしまい、その後はなかなか寝付けなくなります。又、トイレが近くなり、何度も起きることになります。ですから、不眠解消を飲酒に求めるのは要注意です。