映画になってるあの・・?

料理研究家の「ジュリアの話」があります。
これは映画になっていますよね。
(笑顔)<あらすじ>簡単に言うと、料理研究家ジュリアのレシピを一人のOLが一生懸命作ると言う物語です。
レシピを作る所をブログに載せます。
この物語は、実話だと言います。
料理を一生懸命作ることで、料理だけではないものが見えてきます。
(笑顔)もちろん、料理研究家のレシピが参考になることもあります。
見ているとお腹が空いてくると思いますよね。
(笑)。
料理がメインとなっている映画の場合、おいしそうなものが沢山出てきます。
それを自分が作ると言うのは、また別の話ですがね。
(汗)しかし、日本でも沢山のレシピ本が出版されています。
(笑顔)料理研究家を名乗っている人は、自分が考えたレシピを人に活用してもらいたいと言う考えています。
そのように思っています。
それが収入でもあります。
(笑顔)。
誰もまねできないような料理を作るのは、料理人の仕事です。
料理研究家は、世間一般の人に料理についての情報を提供する仕事と言えます。
そこが料理人と研究家の違いますね。
自分なりの味を見つけると言うことが大切です。
レシピ通りに食材を準備する必要はないと思います。
あるものを使い、おいしく仕上げれば良いと言うことです。
(笑顔)。