住宅ローン借り換えの費用は楽天銀行がお得?

住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。

借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。

なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。

無料で借り換えOKという所はほとんどありません。

借り換えを検討する際はいろんな事も含め住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

マイホームを購入する際は頭金が必要です。

頭金無しでも住宅が購入できる!と言った様な広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅には他にも様々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。

ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。

住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

一般的なローン同様、重要視されます。

それに加え、これは、その住宅が将来価値が出るかどうか、これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

楽天銀行の借り換え諸費用は高い?フラット35!【金利・手数料が安い!】

住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査はとても厳しく行われます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。

一般的な住宅ローンの申し込み条件と比較すると基準は非常に緩いところだってたくさんありますからね。

だいたい、数十万単位~数百万単位の金額が一般的の様です。

今から新築を建てる予定のある方や、既に借入れをしている方も注意したいのがオーバーローンにならないようにする事です。

このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなので住宅のためでないものは通常、認められません。

ですので、購入したい物件がいくらなのか?仲介に入ってくれる方にもよく確認しておきましょう。

もしも、法律違法な契約が見つかった時には中を取り持った会社もクビになるだけでは済まないのです。

既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいので後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。

数年以内に住宅ローンを希望されている方は、手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。

ネットでも評判の金利の安い銀行で申し込んではみたものの、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。

それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。