行政書士の仕事にはいろんなことがあります

行政書士の仕事にはいろんなことがあります。
大きく3つに分けると、官公署に提出する書類・権利義務に関する書類・事実証明に関する書類になります。
官公署に提出する書類とは、区役所や警察署などといった公的な場所に提出する書類を作るということになります。
誰かの代わりに書類を作って提出するという業務になるので、書類の種類は多岐にわたっています。
権利義務に関する書類とは、告発状や示談書、その他契約に関する書類を作ります。
賃貸借や売買、贈与などと数え切れないほどの種類があります。
そして、事実証明に関する書類とは現況測量図や案内図といった実地調査に基づく各種図面類などを作成します。
このように、行政書士はいろんなことに幅広く知識を持っていないとできない仕事でもあるんです。